世界ユース選手権 インスブルック 2017後半戦が終了しました

インスブルックで開催中の世界ユース選手権2017の後半戦が終了し、リード種目および今大会で初開催となった複合種目でも各カテゴリーで優勝を含む過去最高の成績をおさめました。

また、日本は大会を通して計24個のメダルを獲得し、国別メダルランキングでもトップを独走する結果となりました。

■大会概要

大会名:IFSC 世界ユース選手権インスブルック 2017

開催日:2017年8月30日~9月10日

開催地:オーストリア・インスブルック

◆リード結果:

・ジュニア男子

1位:緒方 良行(福岡県連盟)

2位:楢﨑 明智(栃木県連盟)

3位:カイ・ライトナー(アメリカ)

4位:中上 太斗(福岡県連盟)

13位:原田 海(神奈川県連盟)

・ジュニア女子

1位:クレア・バーファインド(アメリカ)

2位:田嶋 あいか(三重県連盟)

3位:エロイーズ・デュモン(ベルギー)

9位:高田 こころ(鳥取県協会)

・ユースA男子

1位:田中 修太(新潟県協会)

2位:ネイサン・マーティン(フランス)

3位:ミケル・アシエル・リナチチェロ・モリナ(スペイン)

9位:土肥 圭太(神奈川県連盟)

9位:田嶋 瑞貴(三重県連盟)

23位:中島 大智(岩手県協会)

・ユースA女子

1位:白石 阿島(アメリカ)

2位:ブルック・ラバトウ(アメリカ)

2位:ノルウェン・アーク(フランス)

10位:小島 果琳(岐阜県連盟)

33位:中村 真緒(東京都連盟)

・ユースB男子

1位:コリン・ダフィー(アメリカ)

2位:アルベルト・ヒネス・ロペス(ロシア)

3位:西田 秀聖(奈良県連盟)

5位:川又 玲瑛(栃木県連盟)

14位:抜井 亮瑛(奈良県連盟)

32位:竹田 創(宮城県連盟)

・ユースB女子

1位:森 秋彩(茨城県連盟)

2位:谷井 菜月(奈良県連盟)

3位:伊藤 ふたば(岩手県協会)

5位:菊地 咲希(東京都連盟)

◆複合結果:

・ジュニア男子

1位:楢﨑 明智(栃木県連盟)

2位:原田 海(神奈川県連盟)

3位:カイ・ライトナー(アメリカ)

5位:緒方 良行(福岡県連盟)

・ジュニア女子

1位:ラウラ・シュテックラー(オーストリア)

2位:ユリア・パンテリーワ(ロシア)

3位:マーゴ・ヘイズ(アメリカ)

・ユースA男子

1位:サム・アブズ(フランス)

2位:フィリップ・シェンク(イタリア)

3位:ピーター・イワノフ(ブルガリア)

5位:土肥 圭太(神奈川県連盟)

6位:田中 修太(新潟県協会)

13位:田嶋 瑞貴(三重県連盟)

・ユースA女子

1位:サンドラ・レトナー(オーストリア)

2位:白石 阿島(アメリカ)

3位:ブルック・ラバトウ(アメリカ)

・ユースB男子

1位:セミョーン・オフチニコフ(ロシア)

2位:川又 玲瑛(栃木県連盟)

3位:西田 秀聖(奈良県連盟)

4位:抜井 亮瑛(奈良県連盟)

・ユースB女子

1位:谷井 菜月(奈良県連盟)

2位:森 秋彩(茨城県連盟)

3位:伊藤 ふたば(岩手県協会)

5位:菊地 咲希(東京都連盟)