IFSC クライミング・ワールドカップ リード アルコ 2017 が終了しました

アルコで開催されたIFSC クライミング・ワールドカップ のリード種目男子で、先日のミュンヘン大会ボルダリング種目でも活躍した緒方良行が4位となり入賞しました。また是永敬一郎もシャモニー大会に続き今シーズン2度目の決勝進出で5位となりました。

■大会概要

大会名:IFSC クライミング・ワールドカップ (L,S)アルコ 2017

開催日:2017年8月25日~26日

開催地:イタリア・アルコ

◆リード結果:

・男子

1位:ヤコブ・シューベルト(オーストリア)

2位:アダム・オンドラ(チェコ)

3位:マックス・ルディジェ(オーストリア)

4位:緒方 良行(福岡県連盟)

5位:是永 敬一郎(埼玉県連盟)

11位:樋口 純裕(東京都連盟)

23位:波田 悠貴(埼玉県連盟)

25位:野村 真一郎(神奈川県連盟)

26位:島谷 尚季(千葉県連盟)

27位:清水 裕登(愛媛県連盟)

43位:沼尻 拓磨(茨城県連盟)

・女子

1位:キム・ジャイン(韓国)

2位:アン・ソフィー・コレル(スイス)

3位:ヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)

4位:大田 理裟(山口県連盟)

5位:義村 萌(三重県連盟)

6位:戸田 萌希(山梨県連盟)

10位:森脇 ほの佳(大阪府連盟)

結果詳細(IFSC公式サイト):

リード男子

リード女子